遮熱・断熱・防犯・飛散防止・装飾フィルムのことならLIFE KEY SUPPORT(ライフ・キー・サポート.)にお任せください。

column

コラム

2020.10.15

福祉施設の事故・災害対策に飛散防止フィルムを活用しよう

福祉施設の事故・災害対策に飛散防止フィルムを活用しよう

 

住宅や施設の至るところにガラスが使用されています。窓や家具などにガラスが使われていますが、地震・台風などの自然災害、衝撃などでガラスが飛散することには注意しなくてはいけません。

 

児童福祉施設や老人福祉施設などの福祉施設では、利用者を守るためにより安全への配慮が必要です。この記事では、福祉施設の事故・災害対策に活用したい飛散防止フィルムやそのほかの対策などをご紹介します。

 

<福祉施設における事故・災害で起きるリスク>

福祉施設において、事故・災害に伴ってガラス周りで起こるリスクがあります。人が周りにいるタイミングで事故・災害が起きてしまうと大怪我につながるかもしれません。どのようなリスクがあるかを理解し、対策の重要性を考えてみましょう。

ガラス 衝突<衝突などによる二次被害>

ガラスは強度が高いものの、大きな負荷がかかると人によって壊れてしまうこともあります。例えば、児童福祉施設でおもちゃをガラスにぶつけてしまった、障害者福祉施設でガラス窓にぶつかってしまったなど、利用者によってガラスが割れてしまうこともあるでしょう。

ガラスが割れるだけで済めばよいですが、鋭利なガラスの破片が飛び散ってしまうと、近くにいる利用者が怪我をしてしまうかもしれません。目の届かないところで起きる可能性もあるので、万が一の被害をおさえるためにも飛散防止対策が必要です。

 

台風発生時 飛来

<地震・台風などに伴うケガ>

日本だけでなく、世界中で異常気象の頻度が増えており、地震・台風などの自然災害に注意しなくてはいけません。突然の自然災害によって、施設のガラスが割れてしまうと災害による被害だけでなく、ガラスの飛散でも怪我をしてしまいます。

大きな怪我になる可能性はもちろん、怪我が原因で逃げ遅れてしまう可能性もあるでしょう。自然災害はいつ起こるかわからないので、万が一のためにも対策が欠かせません。

 

<福祉施設の事故・災害に伴うガラス飛散防止のためにできる対策>

福祉施設の事故・災害によってガラスが飛散すると、利用者を怪我させてしまったり、怪我が原因で逃げ遅れてしまったりするなど、多くのリスクがあります。危険の多いガラス飛散を防ぐためには、どのような対策があるのでしょうか?

<対策したい箇所に飛散防止フィルムを使用する>

フィルムあり・なし

施設内には、窓ガラスやガラスを使用した家具などが多くあるでしょう。利用者が過ごす時間の長い空間など、怪我のリスクがある箇所に飛散防止フィルムを使用するのがおすすめです。リビングや食事スペース、廊下、部屋など、利用者の動線や生活空間を考慮して、飛散防止ガラスフィルムを使いたい場所を決めましょう。

 

<カーテンを取り付ける>

窓ガラスが割れてしまったときに、遮るものがないとダイレクトに破片が飛散してしまいます。そのような窓にカーテンを取り付けると、室内への飛散を防ぐことが可能です。生活空間の窓ガラスを中心にカーテンを取り付けてみてはいかがでしょうか? 弊社はカーテン・ロールスクリーン・ブラインドの取り付けも行っております。

 

<ガラスに注意したレイアウトを考える>

ガラスがもし割れてしまっても、その場から離れていれば被害を最小限におさえられます。ガラスと利用者との距離が近い場合は、ガラスから適度に距離をとったレイアウトを考えましょう。

 

<飛散防止ガラスフィルムの導入にはライフキーサポートにご相談を!>

飛散防止ガラスフィルムを福祉施設に導入したいときは、ぜひライフキーサポートにご相談ください。ライフキーサポートは、愛知・岐阜、三重でガラスフィルムを専門に取り扱っております。飛散防止フィルムももちろん取り扱っているので、ぜひ検討してみましょう。取り扱っている飛散防止ガラスフィルムの特徴をご紹介します。

 

<飛散防止フィルムの特徴・機能>

ライフーキーサポートで取り扱っている飛散防止フィルムは、飛散防止効果を持った透明なガラスフィルムです。ガラスの透明感を損なわないので、飛散を防止しつつ景観にも配慮できます。

さらにUVカット機能がついているのも特徴です。窓ガラスからの紫外線を防いでくれるので、紫外線の影響を気にせずに過ごすことができます。施工範囲によって料金が異なるのでまずはお見積もりから気軽にお問い合わせください。

 

<飛散防止フィルム以外にも各種ガラスフィルムを取り扱い>

ライフキーサポートでは、飛散防止フィルム以外にも、様々な機能を持ったガラスフィルムを取り扱っております。

・遮熱・省エネフィルム

・真冬の断熱フィルム

・防犯フィルム

・目隠しフィルム

・装飾フィルム

 

福祉施設で飛散防止以外にも対策したい部分がありましたら、ぜひ他のガラスフィルムも検討してみてくださいね。

<愛知県内の有名企業、施設、官公庁からの依頼多数で安心!>

「ライフ・キー・サポート.」は、愛知県内で多数の依頼を受ける信頼感できる業者です。有名企業、施設、官公庁からの依頼も多数で、安心して施工を依頼できるでしょう。*手前味噌で大変恐縮ではありますが、施工させて頂いた先生のコラムより抜粋させていただきました。

 

室内の暑さに悩んでいる会社・工場・事務所・飲食店・店舗・学校・病院・幼稚園・保育園・介護施設・解除施設・就労支援施設・こども園・ご家庭様は、「ライフ・キー・サポート」で遮熱ガラスフィルムの導入を検討をお願い致します。。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-542-205

受付時間
8:30~20:00

お問い合わせ

contact

お気軽にお問い合わせください

受付時間
8:30~20:00

お問い合わせ

ページの先頭へ